あるある!看護師の愉快な日常

看護師が休日をダラダラ過ごさないようにするためには

共感!!身に覚えがありすぎる看護師あるある!

ダラダラ過ごしてしまう

看護師は忙しい仕事です。なので、休日は心身の状態を整える必要があります。とはいえ忙しい毎日を送っていると、いざ休日になるとなにもやる気が起きなくて、結局家でダラダラして終了なんてこともしょっちゅうですよね。そこで、充実した休日を過ごすためのコツを紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

ダラダラ過ごしてしまう

「やりたいことリスト」を作る

「やりたいことリスト」を作る

まず、休日に入る前に「やりたいことリスト」を用意しておきましょう。休日になってからやりたいことを考えても、なかなか思いつかないんですよね。休日にやりたいことは、休日じゃないときこそ思い浮かぶものです。「時間があったらあれをやりたいな」と思ったことをとりあえずメモに残す習慣を身につけましょう。会いたい人、見たい映画、買いたい物、なんでもいいので記録しておきます。それがたくさんあればあるほど、休日の予定を立てやすいですよ。わざわざ紙のノートに書かなくてもいいです。移動時間や休憩時間などにスマホにメモしておくだけでOKですよ。

どれをやるか決める

どれをやるか決める

休日にやりたいことをリストアップしたら、今度はどれをやるかを決めていきます。ただし、「この日に必ずこれとこれをやる」といった感じにすると逆に疲れてしまうので、休日の日数と照らし合わせながら無理なく実行できる範囲で予定を組んでください。ある程度でもやりたいことの方針が決まっていれば、休日にダラダラ過ごすことは防げるはずですよ。

調整が必要な予定を優先に

調整が必要な予定を優先に

例えば、「友人と会う」なんかの予定は自分の都合だけでは決めらないですよね。友人と予定を合わせる必要があります。なので、調整が必要な予定は先に決めておいたほうがいいです。事前に相手と連絡を取って、会う日を決めておきましょう。そうすれば、その日に向けて仕事のモチベーションを保つこともできますよね。

遊ぶだけが休日じゃない

遊ぶだけが休日じゃない

休日なんだしたくさん遊びたい!と思うのはわかります。せっかくの休日ですからね、自由気ままに過ごしたいと考えるのは当然のことです。でも、「遊び以外の時間」もリフレッシュのためには必要ですよ。予定を詰め込みすぎると疲れてしまって、仕事に悪影響を及ぼす可能性があります。それに、遊び以外にも済ませておきたい用事があるはずなので、バランスを考えながら休日の予定を考えることが大切です。まったり家で映画を見たり、ゆっくり半身浴を楽しんだり、あえて外で遊ぶ予定を入れないでおいて、家で休む時間を用意しておくのも日々の疲れを癒すコツです。

みんなが特に共感している記事